水戸赤十字病院の医師募集

赤十字病院医師求人TOP >> 赤十字病院の医師募集 >> 水戸赤十字病院の医師募集

水戸赤十字病院の医師募集

茨城県水戸市にある水戸赤十字病院は、水戸市の基幹病院であり、また災害時の医療センターとしては茨城県全域を医療範囲とする病院です。設立は1923年と古く、その後現在地に移転しています。新技術や新しい医療機器の導入に積極的な病院です。病床数は一般病棟が500床、まだ国内では珍しい感染症病床を10床を有する大規模病院です。診療科目は一般の内科や外科を含めて23科目と非常に充実しており、病理診断科もあることから学究的な地位もある病院と言っていいでしょう。地域の中核をなす重要な医療施設として認知されています。新しい技術を学んで医師としての腕を磨きたいと考えている人や、感染症に専門的に取り組みたいと考える人には良い環境と言えます。

水戸赤十字病院は開設以来、水戸地域の急性期医療を担当する病院として機能しています。災害拠点病院であり、地域周産期母子医療センター、第二種感染症指定医療機関でもあり、また水戸地域のリハビリテーション広域支援センターとしても機能を持っており、急性期病院として多忙を極めるとともに、住民の健康・医療ニーズに応えた病院として、地域では絶大な信頼を寄せられています。水戸赤十字病院では内視鏡下手術支援ロボットの「ダ・ヴィンチ」や3.0テスラMRIなどの医療機器を設置しています。ダ・ヴィンチは術者がコンソールからロボットを遠隔操作して、体内に挿入したアームで手術を行うものです。

将来的にはロボットによる手術が一般化することが予想されていますが、国内でもまだ導入している例は少なく、外科医師としてのキャリアアップを目指す人にとっては高いやりがいを感じられるでしょう。ハード面だけでなく、ソフト面での充実も図っていく方針を打ち出しており、今度の病院のあり方を提示している病院と言えるでしょう。教育体制がしっかりした病院で、充分な勉強の機会が与えられます。大規模病院ですが、勤務体制がしっかりしており、職員は働きやすい病院と評価しています。

水戸赤十字病院は臨床研修医の指定病院となっています。そのため毎年多くの研修医が入職します。医師の数は安定しており、指導医もベテラン医師も揃っていて、様々なスキルレベルの医師に対しても学べる環境が提示されます。診療科目が多いため、医師の求人も年間を通して出されています。どの科目にも求人があるというわけではなく、欠員が出たら求人を出すというスタイルであるため、公式ホームページなどをこまめにチェックするようにしましょう。

赤十字病院の医師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア ★★★★★ 詳細



TOP

赤十字病院の医師求人先探しFAQ

赤十字病院の医師募集


Copyright (C) 2016 赤十字病院の医師募集ガイド All Rights Reserved.