赤十字病院の医師と一般医師の違いは?

赤十字病院医師求人TOP >> FAQ >> 赤十字病院の医師と一般医師の違いは?

赤十字病院の医師と一般医師の違いは?

赤十字病院の医師へと転職を希望されている方には、一般的な医療機関の医師と何が違っているのかという疑問をお持ちの方が多いものなのです。赤十字病院の医師も、基本的には一般的な病院の医師と求められている役割は変わりません。それぞれの診療科に所属して、定められている守備範囲といったものの医療行為を行なっていくことが赤十字病院の医師の仕事になります。こうやってみると、一般的な医療機関の医師と何ら変わりないといえるでしょう。

しかしながら、赤十字病院の医師は、赤十字社の職員ということもあって、一般的な総合病院などのように診療科別にあまり交流がないというものではなく、基本的にはそれぞれの診療科の医師が蜜にコミュニケーションを取り、赤十字病院という1つの組織がまとまって患者さんを治療していくといった傾向が見られています。一般的な民間病院が全てそうだとは言いませんが、診療科別に何気に壁というものがあるところが多いものですが、より密接した繋がりがあるという特徴が赤十字病院にはあるのです。

というのも、基本的に赤十字社の事業は病院ばかりではなく、診療所や、献血事業、他にも福祉施設といったものが存在していますから、健診から実際の診察、オペなどまで、一環して行っているからなのです。それぞれの施設が、赤十字社という名の下にまとまっているからこそ、地域の住民が必要とする医療を提供することが出来る。これこそが、他の総合病院などでは実現することが出来ない赤十字病院の強みであり、一般病院の医師とは違っている部分といえるでしょう。

他にも医師が医師としてしっかりと仕事に集中出来るように、医師事務作業補助者などの制度を作り出すことによって、サポート体制が充実した中で医師の仕事をこなしていくことが出来るという特徴を持っています。一般的な病院機関では、何気に患者さんと向き合う時間と同様に予約の管理や煩雑な書類作成というものに時間を割く必要があるわけですが、赤十字病院の医師の場合には、そういった時間を割く必要がないのです。

他にもコメディカルなどが自身の希望通りに動いてくれないという悩みを抱えている民間病院のドクターは多いものなのですが、赤十字病院の場合、しっかりと働いてくれるコメディカルの人材が整っているということも、大きな差といえるでしょう。更に10年目のドクターなどでは、年収で2000万円前後の収入も見込めることから、何気に高い給与を取得することが出来るという特徴もあるでしょう。

赤十字病院の医師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア ★★★★★ 詳細



TOP

赤十字病院の医師求人先探しFAQ

赤十字病院の医師募集


Copyright (C) 2016 赤十字病院の医師募集ガイド All Rights Reserved.